看護師に求められるのは、ここでは看護というよりは、美容施術のサポートといった方が正解です。

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

美容業界の動き

古来より永遠の若さと美しさを求めてきた女性の飽くなき欲求は、現代も途絶えることはありません。
たとえ何が起きようとも、女性が地球上に存在する限り美容業界は消えて無くなることはないでしょう。
それどころか日進月歩、美容技術は進歩し続けています。
美容外科もしくは整形外科も広い意味での病院には違いないのですが、いわゆる病気の治療をする通常の病院とは1線をおいています。
贅沢病と言われればそれまでなのですが、病気を治すというよりは、「より美しく生まれ変わりたい」という若者の欲求を満たすと言う意味で、医療業界というよりは美容業界にやや傾いた特殊な分野と考えた方が良いかもしれません。
とかく比較検討されるエステサロンと提携するクリニックも増えつつあります。
そうした流れの中で、看護師に求められるのは、ここでは看護というよりは、美容施術のサポートといった方が正解です。
特に脱毛施術といえば、電気針やレーザー光線放射が主流となっていて、それは資格を持つ医師が行うので、看護師は、ひたすら患者さんをリラックスさせるために、楽しくゆったりと会話につきあっていれば良いのです。
要は接客業と一緒です。
夜勤もなく、定刻で帰れるのも人気の1つです。
難しい病気の名前を覚える変わりに、いかに美肌を形成するかといった、お肌の基礎知識があって、カウンセリングを通して、患者さんが安心して施術に迎えるように、納得のいく説明と安心感を与えるだけでいいのです。
激務が絶えない通常の病院やクリニックと比較してもなんと楽で、楽しいことでしょうか。
アンチエイジングに関しての専門知識を学びながら、自分自身も美容に目覚めたという現場も声も聞きます。
来院者と一緒に自分自身も美しくなれるという一石二鳥の喜びを味わうことができます。
しかも、毎年のように新しいダイエットや美容のためのサプリメントが誕生しており、そうした美容業界の動きをいち早く知る事ができるのも、この業界ならではですね。
美容外科を訪れるのは、若い女性とは限らず、高齢者で、しわをのばして、若返りたいとか、若い男性がひげをかっこよくデザインして欲しいという人がほとんどです。
このように美容の最先端で活躍できるのが、美容外科の特徴でもあります。
したがって、美容外科で最も要求されるのは、テクニックよりも楽しい会話ができることと、人がらの良さです。
いつも笑顔で、どのような人も分け隔て無く受け入れることのできる謙虚な姿勢、これが美容クリニックのスタッフとして最も求められる事なのです。
ただ難点は、40代以下の若い求人がほとんどであるという点です。
男性にしろ、女性にしろ、若くて美しい肌の看護師さんに人気が集中してしまうためです。
この業界への転職を検討するなら、なるべく早期に決断しないと、求人は先細りになりますので、ご注意ください。
検索(記事)
ブックマークする 共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018 病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場.All rights reserved.