今の医療機器メーカーは民間企業で、症例を数多くみてきた看護師看護師が活躍しています。

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

医療機器メーカーでオススメの職種

医療機器メーカーは民間企業ですが、ここでも看護師が活躍しています。
必ずしも患者さんについて看護することだけが業務ではありません。
フィールドナースもしくはクリニカルスペシャリストとも呼ばれる職種になりますが、簡単に言えば営業です。
看護師と営業は、まったく畑違いのようにも思うのですが、直接患者さんの体に装着・密着する医療機器は、医者が納得できるような医学的根拠がなければ、どれだけ良い製品を製造しても、活用されません。
多くの患者さんに接しながら、症例を数多くみてきた看護師だからこそできる業務とも言えるのです。
もちろん、医療機器メーカーに勤務する社員は、ある程度の予備知識くらいは勉強しているでしょうが、さすがに専門的な話しともなれば、実際に現場で働いた経験のある者でなければ、難しいものがあります。
この機器がいかに患者さんにとって必要不可欠であり、効力のあるものであるかは、現場での経験を積んだものでなければ、しっかり医療関係者に正しく情報を伝える事は難しいでしょう。
看護師にも、様々なタイプの人がいて、中には営業職に関心がある人もいることでしょう。
もともと営業職自体が、人と関わる事やコミュニケーションを取ることが大好きと言われる人たちの集まりなので、そこへさらに専門知識をもった看護師がスタッフとして加わる事により、医療機器メーカとして市場拡大に大いなる期待を持たせることができるのです。
もちろん、フィールドナースは、あくまでもテクニカルな面でのサポートを行う事が本来の役目ですから、主流になって歩き回るというよりも、サポーター的存在に徹する事が多いです。
病院勤務だけだと、病気や看護には詳しくなれても、さすがに医療機器分野には疎くなりがちです。
しかしフィールドナースとして活躍する事により、視野をさらに広げることができるのです。
探求心が強く、常にキャリアアップを心がけている人なら、オススメの職種です。
ただ製造元が外国産の機器だと、説明がオール英語である場合も珍しくありません。
ですので、まじめに業界を目指すなら、英語力も磨いて置くことをオススメします。
フィールドナースの中には英語塾に通いながら業務を行っている勤勉な人も多いようです。
絶対英語が必要という事でもなさそうですが、多くの医療機器が欧米からの直輸入である事を考えると、やはりキャリアアップに英語力は不可欠要素であるように思います。
今現在、病院以外の職場への転職を検討しているなら、フィールドナースも、選択肢の1つに入れてもよいかもしれません。
検索(記事)
ブックマークする 共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018 病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場.All rights reserved.