治験コーディネーターは、治験アルバイターと治験を行う医療機関スタッフ、製薬会社とのパイプ役をこなすのが役目となります。

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

治験コーディネーターでの看護師求人

時々、臨床開発モニターと混同されることがあるのですが、治験コーディネーターは、治験アルバイターと治験を行う医療機関スタッフ、製薬会社とのパイプ役をこなすのが役目となります。
時たまインターネット上で治験アルバイトを募集している記事を見かける事と思います。
通常開発者はモルモットなどで実験を繰り返しながら、新薬につながる研究・開発を日々行っているのはご存じですね。
動物では成功しても、実質人間の体にきちんと効果をもたらすものでなければ、薬として世に出すことができません。
新薬として世に送り出すためには、治験はどうしてもなくてはならないものなのです。
しかも直接人の体を利用すると言うことは、治験は正確なデーターのもとで、詳細まで組まれたプログラムどおりに実施されなければなりません。
治験は自ら応募してきた一般市民である被治験者の自由意志で行われるとはいえ、異物を体内に挿入される事の不安を少なからずいだいて治験現場に訪れます。
そうした非治験者の不安を取り除き、メンタル面でのサポートをする事と、非治験者の体調や様子を看護師の熟練した経験を駆使して、観察しながらのスケジュール調整や管理をしていきます。
非治験者は当然ながら、治験のおおよその内容はあらかじめ説明は受けているはずですが、再度、直前の意思確認と治験への同意を取り付ける事も治験コーディネーターの重要な役目になります。
あくまでも非治験者の気持ちを主体に行われるべきものなので、治験者のごり押しは絶対あってはなりません。
そういう意味でも、間に立つ治験コーディネーターの存在は大変大きいと言えます。
通常治験スタッフは、看護師、薬剤師、臨床検査技師、医師といった面々になります。
治験現場は、病院か専門施設になります。
治験コーディネーターであるスタッフは、治験の最初から最終まで、治験の行程を見守り、同時に非治験者の様子にも目を配ります。
少しでも異常や変化がみられた時は、すべてデーターとして記録されますが、その時の観察力は、日頃多くの患者さんと接し、多くの症例をみてきた看護師にかなうものはありません。
また医学に対してまったくの知識をもたない非治験者に、わかりやすく治験に関する情報を伝え、信頼関係を素早く築き、同意を得るという作業工程にも長年蓄積されてきた経験がものを言います。
したがって、治験コーディネーターに抜擢されるのは、新人看護師ではなく、熟練した看護師である場合がほとんどです。
治験コーディネーターの業務内容は、そういった意味では、実に広範囲に及んでおり、かつより専門性を要求されるので、誰でもなれるというものではありません。
それだけにやりがいを感じられる職種とも言えるかもしれません。
検索(記事)
ブックマークする 共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018 病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場.All rights reserved.