新薬開発のために雇用された治験アルバイターや患者さんに対しての治験業務が、適正な方法で実施されているかを監査する仕事です。

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場

臨床開発部門での非公開求人

製薬会社など民間企業でも、看護師の求人が非公開で行われています。
ほとんど求人広告には出てこないので、知らない人も多いかもしれません。
業務の正式名称は臨床開発モニターといいます。
具体的には新薬開発のために雇用された治験アルバイターや患者さんに対しての治験業務が、適正な方法で実施されているかを監査する仕事です。
特に重要なのは、治験を行うにあたって、被験者である患者さんやアルバイターの体に副作用などの異変が起きていないかどうかのチェックです。
もし副作用が少しでもでてしまった場合でも、治験の報告書には正確にデーターとして記載されていなければなりません。
副作用の有無に関係なく、治験の際の全行程をデータとして残し、報告書類を作成しなければなりません。
内容確認、データー回収、さらに治験の手続きなど、看護師業務と言うよりは事務処理に近い仕事をします。
ポジションとしては製薬会社の専門スタッフという立場に立ち、製薬会社が独自に提携している病院へでかけていって、担当医師や担当スタッフとの治験の概要、行程などを詳細にわたって打ち合わせをします。
回収された報告書はすべて関係機関に報告・提出されます。
病院と製薬会社との密な信頼関係が基本となって行われるので、その仲立ちのような役割をになう看護師は新薬開発のためになくてはならない存在とも言えます。
臨床開発モニターは、書類のチェックや報告書作成、打ち合わせ会議などが業務としては主流となるので、直接被験者と顔を合わせることはありません。
ただ、被験者の個人情報も含めてデーターを管理するので、責任感の強い人が求められます。
データー作成はパソコンで行われることが主なため、最低限のパソコン操作や理系の知識など、高度な能力を要求されます。
当然よりスピーディーにデーター入力ができる人は、より重宝されます。
給与は出来高制なので、がんばって良い報告書をまとめようと思うと、どうしても残業になってしまう事も多くなるので、その辺の覚悟は必要かもしれません。
けっして楽な仕事とは言い難く、日の当たらない仕事でもあります。
しかし、自分が作成した報告書が新薬の未来を握っているという意味では、気を抜くことはできないのと同時に、社会貢献にもつながってゆく業務です。
地味でつまらない仕事に見えますが、1度業務体験をした人は、大変やりがいを感じるといいます。
看護師とは、また違った意味で、要求されるレベルが高い職種なので、より高度な能力を持っている人は、ぜひそうした能力を、こういうところで発揮して欲しいと願います。
検索(記事)
ブックマークする 共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018 病院だけとは限りません!選択肢広がる看護師の職場.All rights reserved.